アクセス解析で「検索ワード(リンク元)」が表示されなくなってる問題

毎日のアクセス解析(自分のブログがどう読まれているのか、の解析)を見るのを楽しみにしているのですが、12月15日頃から突然、「検索ワード」の解析が表示されなくなりました。つまり、当ブログがどんなワードで検索されて読まれているのかが全く分からなくなってしまったんです。

自分にとってそれがどれほど楽しかったかは、ブログ10周年の時の→この記事←でも語ったことがあります。

おかしいなと思って調べてみたら、どうやら自分だけに起きたトラブルではないようで、その点はちょっとホッとしました。
↓こちらのサイトでまとめられています。
http://hann3.hatenadiary.jp/entry/20161216/1481895000

人気検索ワードを意識して記事を書いているブロガーにとってはまさに致命傷と言えるでしょう。その点、不幸中の幸い、自分はただ書きたいことを書きたいように書いてるだけで、検索結果はただ単に見て楽しむものに過ぎなかったので、大きな支障はありません。ただ少し寂しいだけです。

何かの専門ブログではないので、毎日実に多種多様な検索ワードで読まれているのですが、まず多いのは建築関連でしょうか。我が家の建築家の名前は「Sさん」とイニシャル表記して伏せてあるにも関わらず、いろいろなヒントから読み解いてしまう人もいるようです。きっと実名を出したら更にアクセスが増えると予想されますが、まだしばらくは伏せておきます(笑)。

次いで多いのはオーディオ関連かな。もうすっかり興味が減退してしまっているので、せっかく辿り着いてもらっても記事が古くて申し訳ない気がしますが、なぜだかオーディオ関連ワードの検索結果で上位表示される事が多いんですね。自分の意図せぬところです。

そして、廃墟関連。廃墟の好きな人、多いんだね!

日本酒関連もそこそこアクセスがあります。

逆に、記事のボリュームに対してアクセスが少ないのは、登山関連。その理由はなんとなく分かる。それは、世の多くの登山サイトに比べて、ルート説明が少ないんですよ。人がなぜ「山名」で検索するのかと言うと、今度登りたい山の予習か、登った山の復習、でしょう。その点、当ブログには、自分が「楽しかった」って事しか書いてないので、調べ物をしたい人には何の役にも立たないんだよね。役に立たないから、「登山ブログ」としては不人気(=検索下位)である、と。辿り着いた人には申し訳ない気もするんだけど、自分がブログを書き続ける第一目的は(10週年記事でも書いた通り)自分自身の記録・日記なので。「誰かの役に立つように」というモチベーションは低いと言わざるを得ません。こんなんでよろしければお読み下さい、という感じ。

同様に、膨大なボリュームに対してほとんど読まれていないのは、神社仏閣関連や城関連などの歴史モノ。これも登山関連と全く同じ理由で、データ的な記述がほとんどないからでしょうね。自分は単に古いものを見るのが好きなだけで、歴史に関する知識がほとんどないんですよ。知らないものは書けないし、調べて書くのも億劫。とにかく一刻も早く「楽しかった!」って記事をあげちゃいたいんですね。

ただ、歴史関連の中でも例外として、古道関連はよく読まれています。それは、実際に辿った記事がレアだからでしょう。車で寺や城に行って詳細なブログを書く人は大勢いますが(=レッドオーシャン)、マイナーな古道を実際に歩いて(大雑把であるにしても)ブログに書く人はまだまだ少ないようです(=ブルーオーシャン)。

おっと、自分語りが過ぎました。このように、ニーズ分析するのは大いなる楽しみの一つだっただけに、今回の事は残念に思います。














コメント

非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索