2017/01/08 (Sun) 岸田秀、橘玲の著作

自分がこれまでに最も大きな影響を受けた本と言えばまず、20代のモラトリアム期に夢中で読んだ、精神分析学者 岸田秀の一連の著作です。

170108ksd.jpg

特に代表作「ものぐさ精神分析」は、月並みな表現ではありますが、読んだ後「世界を見る目が変わった」と言っていいでしょう。ドラえもんから特殊なメガネをもらったような感覚。その後の彼の著作は、自身が「二番煎じ」「出がらし」と表現している通り、この「ものぐさ精神分析」の派生作品、スピンオフと言ってよいと思います。それでも大ファンである俺はそのほとんどを追っかけたんだけどね。

彼の思想は「全ては幻想である」という考え方から出発し、世の中のありとあらゆる事象が遡上に上り、見事に美しく「説明」されています。「辻褄が合う」という事は実に気持ちのいい事です。書店の棚には、身の回りに起こる数々の困難に対する対処療法的なハウツー本が腐るほど並んでいますが、急がば回れ、きちんと真因と向かい合い、それを踏まえて自分で考え、対処した方がいいですよ。




さて、そんな名著でも、さすがに科学的な知見に関してはいささか古さを帯びてきます(大筋は相変わらず魅力的ではあるけれども)。20代で出会った本をバイブルのように抱きしめ続けるのにも気恥ずかしさが漂うようになった頃、人生2度目の衝撃とも言える本に出会いました。

170108tcbn.jpg

それが橘玲「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」です。彼の著作はなぜかどれもタイトルがゲスいのが本当に惜しい。本屋で手に取ったり、こうして紹介したりするのが若干恥ずかしいとすら思います。

しかし、内容はまさに知的興奮の連続。彼の語り口は、「遺伝(進化論)の絶対性」「市場原理を基にした冷徹なものの見方」の二つが軸になっているように思います。彼自身がその一連の著作の冒頭でたびたび注意喚起している通り、世に蔓延する「きれいごと」に毒されている人にとっては、「読んだら不愉快になる書物」なのですが、そのきれいごとに薄々違和感や疑念を抱いている向きにとっては快哉を叫びたい内容。この世界の残酷な描写に気分が暗くなるという感想も多く見られますが、俺の場合は逆にすっきりして明るくなりました。「やっぱそうだよな~」となり、明日へのエネルギーが湧いてきます。遺伝的に知能が低かったり才能がなかったりする人もどう生き延びれば良いか、その対応策がちゃんと書かれてるし、希望の光と優しさはちゃんと含まれてます。

彼の著作にハマったきっかけは、昨年のベストセラー「言ってはいけない」をゲスい好奇心で手に取った事。そこから過去の著作を図書館で手当たり次第にあたったのですが、どうやらその代表作と言えそうなのがこの「残酷な世界で~」だったのです。昨年は個人的にとても多くの自由時間があり、(会社を辞めての)転機にこのような刺激的な良書に出会えて本当に良かったと思ってます。

因みに、アマゾンのレビューには多くの誤読が含まれているので要注意。これほど平易に書かれているのにも関わらず、なぜこんなに多くの人間が誤読をするのか不思議。否定的な感想だけでなく、肯定的な感想にも誤読が含まれています。是非ご自分の目で実際に読んでもらいたいと思います。













| trackback(0) | comment(0) |


<<姪っ子からの手紙 | TOP | 第4回 裏百会 (@ギャルリ百草)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1888-88431745

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する