2017/07/02 (Sun) 猿投山登山(西宮から小ループ)

こんなに近い人気低山なのに、意外とこれが初登頂。これまでずっと敬遠していた理由は、「かなり上部まで車で行けてしまうから」というものでした。しかし改めて調べてみると、滝も見られるし、神社があって文化の香りもするし、カミさんと登る手軽な山としてはちょうどいい感じだと思いまして。

まずは猿投七滝に車で向かいますが、滝に至るまでの道幅の狭いこと!駐車スペースが全くなかったせいで、最下部にある七滝最大規模の「広沢大滝」はパスせざるを得ませんでした。

そこから数百メートル上部の七滝遊歩道入口の駐車場にとめ、滝ウォッチングを開始。

170702sng2.jpg

乙女滝。鋭くフックして切れ落ちる様は見事。これより上部の滝はいずれもショボいので、省略。

170702sng.jpg

広沢川のせせらぎを眺めながら、乾杯!ウヒヒ・・・♪

170702sng3.jpg

足元には枯れ葉に擬態したカエル。小枝でつついても動かない。枯れ葉になりきってる。




腹ごしらえを済ませ、いよいよ登山開始。スタート地点は、西宮の入口、鳥居の所。

170702sng0.png

今回のコース取りはこれ。既に14時を過ぎてましたし、散歩に毛が生えたような最小ループです。

170702sng9.jpg

しばらくは「自然観察路」と呼ばれるルートを歩きましたが、ガクアジサイが群生してまして。

170702sng4.jpg

「井戸杉」と呼ばれる巨木と、ガクアジサイの競演。

170702sng5.jpg

東宮に到着。さっき通過した西宮もそうだったけど、現在の社殿の前に、かつて社殿があったと思しき土台が残っていました。これって、伊勢神宮みたいに、何年か周期でこちらにまた建てるって事なのかな?詳しい人、教えて下さい。

東宮からは稜線に出るので起伏もほとんどなく、ここまでゼェゼェヒィヒィ言ってたカミさんも一安心。間もなく、山頂に到着。

170702sng8.jpg

さすがに梅雨の曇天では遠景は望めず。でも、開放感があって気持ちいい。

170702sng6.jpg

意外にも山頂にササユリが咲いていました。

170702sng7.jpg

同じくオカトラノオも。

遠くで雷が鳴り出し、ポツンポツンと雨が降ってきたので、メジャールートである西尾根ルートからはずれ、水場を通るルートへショートカット。道と言うより、沢を歩く感じ。このルートはどうやらモトクロスバイクの聖地になっているらしく、異様な抉れ方をしていました。居合わせないで良かった。

170702sng10.jpg

雨はいよいよ本降りになり、車に着いた時にはびしょ濡れでした。

この猿投山、バリエーションルートがかなり多いので、きっと今後また何度か登ると思います。




登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<最近呑んだ酒 | TOP | エレクトーン地区予選4連覇(^O^)/>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1951-38454040

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する