梨割山:岩場経由ループ(@富加町)

以前お寺巡りをした富加町、その時名前を見かけてちょっと気になっていた梨割山に登ってきました。

180104nswr0.png

清水寺を起点にし、前半は遊歩道、後半が独自ルートになります。

180104nswr.jpg

5年前に来た時は修復工事中で見られなかった清水寺の二天門(県指定重要文化財)。

ここからしっかりした遊歩道が延び、案内板もばっちり立ってます。しばらくその谷道をトレースしていたのですが、ちょっと芸がないかと思い、尾根にエスケープ。しかしほどなく鞍部で遊歩道と再び合流。悪あがきはやめて大人しく遊歩道を行くことにしました。

180104nswr2.jpg

スタートして30分しか経ってないですが、山頂だしお腹も空いてるしで、ここでお昼休憩。ウヒヒ♪

この山頂から数分西へ進んだ岩場で、北側の展望が開けます。

180104nswr3.jpg

瓢ヶ岳・高賀山の方向。

稜線の縦走を終え、鞍部まで下りると、案内板のある丁字路の分岐に突き当たりましたが、俺はその先(南)の岩記号が気になって仕方がないので、遊歩道からはずれて真っ直ぐ進みます。踏み跡もあるし。すると・・・

180104nswr4.jpg

胸のすく展望。真ん中の谷(木曽川)を挟んで左側が鳩吹山山系、右側が各務原アルプス。そしてその谷の奥をズームすると・・・

180104nswr5.jpg

名駅周辺のビル群。

左(東)に目をやると・・・

180104nswr6.jpg

岩場がもう一箇所。地図の通りです。次はあっちに行ってみよう。

同じ事を考える好き者がいるのでしょう、うっすらと踏み跡が左山でトラバースしていて、それを辿って尾根に乗り、進むと・・・

180104nswr7.jpg

絶景ドーン!!

180104nswr8.jpg

右(西)を振り返れば、さっきまでいた岩場が。かなりカッコイイね。

180104nswr9.jpg

遠く西方に、絶対的ランドマーク、金華山も見えます。

この2箇所の岩場に行かずして梨割山は語れない、と言っても過言ではないですが、遊歩道からははずれるので、簡単な読図ができる人は自己責任でどうぞ。

梨割山の稜線の南側に並行する稜線を東にそのまま進むと、加治田城址。

180104nswr10.jpg

城址の東隣のコブから北東尾根を下って、ゴール。

下山してすぐの、東西に延びる道路は、恐らく昔の街道筋だったんじゃないかな。

180104nswr11.jpg

松井屋酒造場は、築200年以上。

今回の目玉とも言える二つの岩場を下界から再確認。

180104nswr12.jpg

岩場だけが目的なら、下から直接すっと行けちゃうね。















コメント

非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/15(土)LIVE@津島GRANT'S♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索