曽良山(鶴岡山)独自ループ

土岐市最高峰の曽良山、しっかり登山道がついていますが、今回は独自ルートをとりました。

180218srym10.png

鶴里側の正福寺からスタートしますが、堰堤からすぐ登山道を離れ、尾根に取り付きます。なかなか気持ちのいい尾根ですが、半分ぐらい登ったところで正規ルートと合流。これはまぁ仕方がない。

180218srym0.jpg

今日は天気が良く、師岩からは伊吹山がバッチリ見えました。

180218srym.jpg

山頂でウヒヒ♪

さて、ここからが独自ルート。山頂からこのまま小原方面に下ります。地形図を見ると分かる通り、わりと急峻で地形がはっきりしている西側に比べ、東側はちょっと地形が読み取りづらい。次第に位置同定ができなくなり、やがて「徘徊」に近い状態に・・・

180218srym2.jpg

でもまぁ東へ東へと進んでいけばいずれ宮ヶ入集落には辿り着けるわけだから、のんびりと自然林を楽しみましたよ。

ところが!笹薮を歩いていると、すぐ目の前、約5mの所でガサガサッと音がして、もの凄い地響きを立てながら猛烈な勢いで猪が逃げていったのです。

めっちゃくちゃびびった!逃げていってくれたから良かったものの、向かってこられたらまじでヤバかった!もし猪に遭遇したら闘牛士みたいにひらりとかわせばいい、ぐらいに思ってたんだけど、そんなの絶対無理と分かりました。もの凄いスピードだもの。

えらいサプライズはありましたが、なんとか宮ヶ入集落に到着。

180218srym3.jpg

期待通りののどかな田園風景。

さて、ここから帰路。地図の破線を辿ればいいや、と安易に考えてましたが、道は早々に消失。「破線あるある」ですね・・・。しょうがないので、西へ西へと谷筋をキープして進みました。地形図に描いた赤線のログは、そういうわけでかなりいい加減です。

180218srym4.jpg

林道に下り立った所に、石仏を発見。どうやら小原の宮ヶ入と鶴里の白鳥とを結ぶ古道だったようですね。

下山後は近くのバーデンパークでひとっ風呂。最高です。




コメント

非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★9/15(土)LIVE@今池パラダイスカフェ21♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索