大山廃寺跡から小牧アルプスへ

先日、本宮山に登った時、まだまだ時間が余っていたので、以前から気になっていた国指定史跡「大山廃寺跡」を見に行くことにしました。兒神社の境内がそうです。

180511tnkw.jpg

今ではこういう礎石しか残っていないけど、かつては比叡山に匹敵する規模の寺だったらしい。想像するとワクワクするね。

180511tnkw2.jpg

少し奥へ行くと、ご覧のような不動堂が。

180511tnkw10.jpg

お堂の裏を覗くと、岩マニアが狂喜しそうな縦縞の入った立派な岩が。これ、磐座じゃないのかな?てゆーか、この磐座があるから、その下にお堂を建てたのでは?(間違ってたらごめんなさいね)

お堂の裏には沢が流れていて、上に向かって沢沿いに踏み跡が付いていました。どこに続いているんだろう・・・と眺めていたら、なんとちょうどいいタイミングで上から(地元の方と思われる)男性が下ってきました。尋ねてみると、「天川山」に続いており、そこから展望が開けているとの事なので、ちょっと行ってみることに。

180511tnkw01.png

結果的にこういうルート取りになったけど、その時は廃寺跡を見に来ただけなので、カメラ以外は地図も何も持ってませんでした。おじさんの説明だけが頼りです。

ところが、しょっぱなから「沢を右岸から左岸に渡る」のを忘れ、左手の尾根を直登する事に。それでも、稜線の立派な遊歩道に突き当たり、結果オーライ。

180511tnkw3.jpg

その突き当りをまずは西へ。するとすぐに本堂ヶ峰の山頂。地図上の276pのあたりです。取り付けられた陶板には「小牧アルプス」と書かれていました。小牧アルプスって初めて知った!

180511tnkw4.jpg

更に西に進むと「兒の森」のエリア。トレランするのに良さそう!

180511tnkw5.jpg

「青空小屋」からの眺め。

ここで引き返し、さっきの丁字を今度は北東方向へ。いったん鞍部に下り、急勾配を登り返した所が天川山。

180511tnkw6.jpg

180511tnkw7.jpg

ここが、おじさんが言ってた大展望。入鹿池、尾張富士、そしてすぐ眼下には、本宮山からも見えていた大きな採石場が。こりゃ絶景。

南東に下ると、鞍部が丁字路になっており、南西に下る道が。ここが元々おじさんが説明してくれたルート。帰りはこれを使おうと決め、稜線を更に先に進む。

180511tnkw8.jpg

東天川山。

180511tnkw9.jpg

東山。

ここで引き返します。

予定外の登山になりましたが、おかげで「小牧アルプス」なるご当地アルプスの存在を知ることができました。今度早速完全縦走してみようと思います。




廃寺跡の下の方には江岩寺という現役のお寺が。

180511tnkw11.jpg

廃寺(正福寺)の所蔵品と考えられている仏像や文化財が、この江岩寺に多数所蔵されているとの事。住職からいろいろお話を聞かせていただきました。





コメント

非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/15(土)LIVE@津島GRANT'S♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索