2012/01/12 (Thu) ベタな社寺仏閣巡り(三十三間堂/金閣寺/清水寺/竜安寺)

「THE観光地」って感じの、外人訪れまくり、ベッタベタの社寺仏閣巡りです。

小中高の同級生であるカミさん曰く、どれも小学校の修学旅行で来たことあるらしいんだけど、典型的なバカ男子だった俺様は、一切の記憶なし。おかげでまるで初めてそこを訪れたかのような感動を味わう事ができました(超ポジティヴシンキング)。




【三十三間堂】

以下全てにおいて言える事ですが、いかに→「無人の仁和寺」←が貴重な事か、痛感させられます。とにかく、人だらけ。そして、完全に鑑賞ルートを決められて、まるでベルトコンベアに乗せられたように、流れ作業で鑑賞させられます。言うまでもない事ですが、そういうの、俺に向いてないw

しかし、その造形はやはり見事で、柱や屋根のフォルム、所々の造作など、見るべきポイントは多いし、そのスケールのデカさに圧倒されます。

120107ssgd.jpg

120107ssgd2.jpg

惜しむらくは、内部の撮影が一切禁止である事。ま、こんだけ人がいちゃ、当然ですが。夥しい数の仏像が圧巻なのはもちろん、俺が特に気に入ったのは雷神の造形。「カッ!」という表情・筋肉、見事です。

rijn.jpg

因みに、ここでむすめが引いたおみくじは「大吉」。俺自身はホラ、いかにも筋金入りの無神論者で、こんな紙切れ一枚に100円だか何だかを投資するのはバカバカしいと思ってるのですが、この大吉のおかげでむすめがこれ以降一切グズる事なく一日ゴキゲンだった事を考えれば、投資効果は十分だったと納得w




【金閣寺】

やはりこちらもベルトコンベア式に順路が決められ、内部を見る事もかなわず、遠巻きに見るだけ。

120106kkj.jpg

それでもやはり圧巻です。「オール金ピカ」と言うと、ひょっとして「ゴージャスではあってもエレガントではない」という印象を持たれるかも知れませんが、どっこい、これが繊細で優雅です。「金ピカ=成金趣味」というのでは決してありませんね。素晴らしい建築物です。

120106kkj2.jpg

120106kkj3.jpg

あたかも雑踏などなかったかのような写真ばかりチョイスしましたが、これを撮ってる俺の周りは人だらけでしたw




【清水寺】

いやはや、とにかく、ここが一番凄かった。何がって?ムスカ曰く「見ろ!人が(以下略)」。「とりあえずビール」ならぬ「とりあえず清水寺」って感じで、観光客が全員ここを訪れてんじゃないのかと思うほどです。

120107kmd.jpg

120107kmd2.jpg

おみくじも音羽の滝も大行列。そんなん並ぶわけないので、一瞥くれて退散。とにかく、この俺に修学旅行で来た記憶がないんで、実質的に「初めての清水寺」。記念に来てみました、って感じです。

120107kmd3.jpg

もちろん、建造物としては圧巻ですよ。




【竜安寺】

それを思うと、この竜安寺は全然マシ。地理的にも中心街から離れてるし、ネームバリューも上述の三件と比べればかなり地味でしょ?

ここのウリは言うまでもなく、枯山水の石庭「方丈庭園」

120106raj.jpg

なるほど、不思議な引力があって、思わず引き込まれそう。素晴らしい。ここに一人佇んで瞑想でもできればどんなに素敵だろう・・・と辺りを見渡すと、人だらけw 凄い庭だと思うけど、その凄さを(一人で)存分に味わうシチュエーションを実現するのは至難でしょう。

ただこの竜安寺、観光客が集中するのはこの石庭だけで、あとはのんびり散策できます。

120106raj2.jpg

120107raj3.jpg

120107raj4.jpg

120107raj5.jpg

120107raj6.jpg




個人的・実質的には「初めての京都」。なんとなくコツは掴めたような・・・。要するに、次回からは「デカい・高い・金ピカ」・・・などのスペクタクルは捨て、侘び寂びを追って郊外に出れば、それなりにのんびり散策できるのでは?と思いました。

しっかし、書いた記事を読み返してみると、まるで雑踏から逃げ惑う逃走劇みたいな感じだねw 






神社・仏閣巡り | trackback(0) | comment(2) |


<<マジで死にかけた!「幻の鍾乳洞」「北野大滝」探索@瑞浪市日吉町(前編) | TOP | 世界遺産を独り占め!仁和寺に泊まる>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちわ、海人です。冬晴れの京都すごくいいですね。行きたくなりました。

2012/01/13 04:48 | [ 編集 ]


 

海人さんこんにちは。めっちゃ寒かったですよw!でも、寒いと空気が澄んで、景色はクリアになりますね~

2012/01/13 05:12 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/903-f02c00cd

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する