2012/03/26 (Mon) 花盛酒造@八百津町

八百津には三つの酒蔵があるのですが、唯一まだ呑んだ事がなかったのがこの花盛の酒。俺の寡聞のせいか、雪中寒梅や玉柏に比べ、その名を聞く機会が少ないように思います。

120324yot.jpg

入店していたわずかの間に肌で感じたことは、やはり他の二蔵に比べ、格段に商売っ気がないな、という事。念のため言っとくと、この「商売っ気がない」という表現は、それそのものだけでは褒め言葉でも貶し言葉でもなく、酒が良ければ「商売っ気がなくてイイネ!」になり、酒がまずければ「だから名前が売れないんだね」となります。

勘のいい人ならこの辺でお気づきのように、悪いものをこんな所で紹介するわけないですから、ここでは前者の意味になります。ですが、買った酒を、帰宅して封を開けて呑むまでは、どっちに転ぶか分からずドキドキしますね。

120324hnzkr.jpg

はなざかり 特別純米 あらばしり

美味い!予想以上に美味いです。果実的な、ほどよい酸味が心地よい。生なので微発泡しており、それがまた爽やかさを引き立てます。これはめっけもんですわ。あまり名を聞かない酒を冒険してみて当たった時の喜びって、そこそこ有名な銘柄を初めて飲んだ時と比べても格別ですね。

最初に「商売っ気がない」と感じた最大の理由は、銘柄数が少なく、つまり選択肢が少ない所にあります。多種多様な銘柄を有する例えば蓬莱泉あたりなんかとは全然違います(もちろん蓬莱泉も美味いですが)。

この蔵は「しぼり・無濾過・生」というキーワードにこだわっているようで、にごっていれば「あらばしり」、澄んでいれば「なかとり」、あとは特定名称から選ぶのみです(袋吊りもありますが、レアで当然高いですから)。

シンプル、手づくり、そこがいい!

今回は四合瓶を1本買っただけですが、「生」ということで厳重な保温緩衝剤に包んでくれました。保冷剤を一緒に入れてくれる蔵はいくつかありましたが、保温緩衝剤は初めてです。もちろんどっちでもいいですが、嬉しいですね。

この日はしぼりたてが出たばかりのタイミングで、店内入ってすぐの大テーブルではそのシリーズがずらりと並んでいましたが、全く同じ見た目でも、奥の冷蔵庫に入っていたのは昨年12月のもの。俺は飲み口が滑らかな方が好みなので、あえてその少し寝かせてあった方を選びました。





酒蔵巡り | trackback(0) | comment(0) |


<<名鉄八百津線跡@兼山町 | TOP | ブラむすめリターンズ@八百津町>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/956-cfcb3e5b

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する