2017/04/18 (Tue) 姫穴滝から浅間山へ(@可児市)

東濃の人さん、瀑好さんの記事で、近所にこんな見事な滝が存在する事を知って、自分も行ってみました。

前述の記事では、普段は水量が少ないとの事だったのですが、昨日は大雨、今日は快晴、いつ行くの?今でしょ!(←死語)っつーわけで、絶好の滝見日和でございました。

しかしながら、この滝自体はほとんど歩くことなく辿り着けてしまうし、先人の足跡をただトレースするだけってのも情けないので、そのまま浅間山に登頂する事にしまして。

170418hat9.png

↑ルートはこんな感じ。

まずはメインディッシュの姫穴滝。

170418hat.jpg

期待通りの大水量!岩が抉れた落ち口もイイし、流れが途中でフックしてるのもイイ。

170418hat2.jpg

で、この滝の最大の個性は、向かって右側にある大洞穴。これが「姫穴」ですわね。

170418hat3.jpg

内部にはもちろん石仏が。

170418hat4.jpg

振り返って見た景色も雰囲気バツグン。

これほどの滝、もっと知られて良いと思うのですが、なにせ増水時以外はショボいってところが惜しいね。




さて、お次は浅間山に向かいます。当初はこの沢をそのまま遡行すればいいじゃん、とイージーに考えてたんですが、見るからに藪だらけで閉口。もう一本西側に並行する沢の方が随分マシだったので、そちらを遡行する事に。

170418hat5.jpg

いやそれにしても地味ッス。植林だし。娯楽性ゼロ。

170418hat6.jpg

30分程度だったかな、あっという間に山頂の浅間神社に到着。

170418hat7.jpg

楽しみにしてた、展望台。多治見を一望できるんです。で、市街地を囲うように、三国山・愛岐三山・高社山、その奥に尾張富士と、名だたる低山がズラリ。

170418hat8.jpg

ここで一献。ウヒヒ♪

帰路はノープラン、かなりアバウト。稜線の林道を少しだけ歩いて、目ぼしい尾根に踏み跡を発見。これを辿っているうちにまた林道に合流し、あっという間に姫穴滝にゴール。ちょっとループが小さかったなぁ・・・。すぐ終わっちゃった。











滝めぐり | trackback(0) | comment(2) |


2017/04/17 (Mon) 入学式&始業式

今年度から中学3年生!生徒会長閣下としてありがたいお言葉を述べている、の図。

170417sgsk.jpg

がんばれ閣下~(^o^)/

※新入生の保護者として入学式に参加したママ友からの潜入画像






むすめ | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/16 (Sun) BBQ@寿老の滝

義妹家族と合同BBQ。恵那の寿老の滝は、近場で、ひっそりしていて、水も綺麗だし、流れも緩いので、子連れで自然派BBQをするにはもってこい。

170416jrt.jpg

170416jrt5.jpg

双子の姪っ子たちも、そんな得難い環境に反応してか、終始テンション高め(^^) 絶賛反抗期まっただ中のウチのむすめも、かわいい姪っ子たちと一緒ならゴキゲン・・・(^^;)

170416jrt4.jpg

これまでいろいろな焼き物メニューを試してきましたが、今回の新機軸は「チーズフォンデュ」(もどき)。酒もいつもは日本酒のところ、今回はワインで。酔っ払ってパンナイフで指をスライスするというオマケ付き・・・。




いいとこ(恵那・中津川) | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/13 (Thu) 「土岐市 探検ウォーキング」You Tubeにて公開!

「土岐市 探検ウォーキング」の様子を、参加された方が撮影・編集し、ユーチューブにアップして下さいました。迫真のカメラワークと真髄を捉えた編集で、このワークショップの面白さが溢れ出ています。モデルのはなちゃんもかわいらしい!

是非ご覧ください(^o^)/






いいとこ(土岐・多治見・瑞浪) | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/12 (Wed) 松永圭太・坂野有美 「折り目・点線」展に行ってきた。

陶と染のコラボ展。スペース大原の古民家空間との相性もバッチリ。

170409mtng.jpg

松永圭太さんは、新機軸「ホルツム」を打ち出していました。どこがどう“新機軸”なのかは、現場で確かめられたし。

有り体に言えばこれは“問題作”でしょう。音楽に例えると、エリック・ドルフィーの「アウト・トゥ・ランチ」、ジョン・コルトレーンの「アセンション」、ルー・リードの「メタル・マシーン・ミュージック」・・・枚挙にいとまがないですが、まぁそういう事かと。

後になって振り返ると「あれが転換点だった」という感じになるのか、はたまた「そう言えばそんなバカな事もやったなぁ」となるのか。輝かしい未来しか見えない気鋭の作家の試行錯誤を、こうしてリアルタイムで目のあたりにできるのは幸運な事ですね。

あ、恒例の“勝手名付け”ですが、これは・・・「江頭」です。なぜ江頭なのか。それもやはり現場で確かめられたし。













陶芸/陶器 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する