2017/11/12 (Sun) 「ときびより」秋号完成!

土岐市観光協会発行の季刊誌「ときびより」の秋号ができました。

171112tkbyr001.jpg

ワタクシの連載「土岐DEEP百景」第4話が掲載されています。

171112tkbyr002.jpg

「広報とき 11月15日号」に折り込まれますが、土岐市民以外の方や「待ち切れない!」という方は、↓下記のお店/施設で入手して下さい。(「土岐市探検ウォーキング」のフライヤーも一緒に置いていただいています。)

【設置協力店/施設 様】 いつもありがとうございます!

[名古屋市]
COFFEE & BOOKS リチル さん(昭和区)

[瑞浪市]
ao cafe さん
大竹酒店 さん
酵素cafe Miyako さん
瑞浪市民図書館
サイエンスワールド

[多治見市]
玉木酒店 さん
そったくどうじ さん
CAFE NEU! さん
多治見市図書館
まなびパーク

[土岐市]
オクトパスガーデン さん
杏カフェ さん
土岐市図書館
まちゆい(テラスゲート内)




そろそろ時効なので、前回の「土岐DEEP百景」(第3話)を公開しますね。

tokibiyori_2017_000.compressed-002 - コピー






土岐市観光協会とのお仕事 | trackback(0) | comment(0) |


2017/11/10 (Fri) 鳶岩巣山:西尾根~北西尾根ループ(中津川市)

この山に登るのは2度目。前回、帰路でルートを間違えて歩けなかった西尾根から取り付きました。

171105tbiws0.png

この西尾根ルートの白眉は、取り付いてすぐにある巨石群。

171105tbiws.jpg

171105tbiws2.jpg

人一人がギリギリ通れるぐらいの隙間の奥に、何か祀られてます。これを見たいがために西尾根から取り付いたんです。

171105tbiws4.jpg

小さい秋。

171105tbiws3.jpg

山頂すぐ近くの岩場からはピラミダルな笠置山の姿が。

171105tbiws5.jpg

帰路の北西尾根には明らかな踏み跡が。西日が木漏れ日となって落ち葉が映える。

171105tbiws6.jpg

「鳶岩巣山」というだけあって、こうした岩が多い。




この山、どの尾根からも登れそうだけど、前回歩いた大展望のスラブ(一枚岩)のある南尾根が一番良かったかな。








登山 | trackback(0) | comment(0) |


2017/11/09 (Thu) 第3回!「土岐市 探検ウォーキング」開催!

第3回!「土岐市 探検ウォーキング」(土岐市観光協会主催)を、12月10日(日)に開催します!

171109tkw2.jpg

フライヤーは近日中に土岐市内の全ての小学校に配布されますが、市外の方、お子様が中学生以上の方、大人のみの参加も大歓迎ですので、こちらの応募要項をご覧下さい。

今回も腕によりをかけた、エキサイティングでファンタスティックなコースをご用意してます(^o^)/




前回の「土岐市 探検ウォーキング」の様子はこちらで。参加されたwaving1026さんが臨場感溢れる撮影と編集をされていて、子どもたちの楽しむ様子が捉えられています!







土岐市観光協会とのお仕事 | trackback(0) | comment(0) |


2017/11/04 (Sat) 米田白山(美濃加茂市)南面独自ルート

米田白山は、北側から立派な遊歩道が整備されているのですが、なんともそそられる岩壁が南側にあるんですよ。

171104ynd.jpg

これこれ!地形図の172Pの岩崖記号の岩場。以前からここで遊んでみたいと思ってたんですよ。なのでここから取り付きます。

171104ynd0.png

これを登り切ると、この眺め。

171104ynd2.jpg

雨が降った直後なので、足元が滑りやすくて慎重に登りましたよ。

ここからは森の中をルートファインディングですが、とても分かりやすい地形だし、藪も疎で歩きやすかったです。稜線に乗ると、立派な遊歩道に合流します。遊歩道の最終地点(稜線の最西端)に東屋があったので、そこで昼食。食事中に雨がまた降ってきたので、屋根のある場所でラッキーだった!

その東屋からの眺め。

171104ynd3.jpg

木曽川(画面左側)と飛騨川(画面右側)の合流点。奥は鳩吹山。

171104ynd5.jpg

高賀山・瓢ヶ岳方面。

171104ynd4.jpg

画像右側手前の尖った山は“米田富士”こと愛宕山。奥は納古山。真ん中を流れるのは飛騨川。

ここからは稜線を東に進みますが、遊歩道が続きます。

171104ynd6.jpg

山頂。とても良い山だし、土曜日だったんですが、雨が降っていたせいか、ここまですれ違った登山者は一人だけ。

171104ynd7.jpg

この稜線は岩稜なので、歩いていてとても楽しい。

171104ynd8.jpg

雨もすっかり止み、日が差してくると、森も色づいてきます。

送電鉄塔から巡視路を辿って下り始めましたがそれも束の間、巡視路が尾根から谷に下りていくようだったので見限り、そのまま尾根を下る事にしました。でもまぁ、どちらも大した違いはないと思います。

小ぶりだけど岩も多いし、地形も分かりやすかった。米田白山、オススメです。








登山 | trackback(0) | comment(0) |


2017/11/03 (Fri) 三森山ループ(恵那市岩村町)

6年ぶりの三森山。前回は水晶山も登頂したけど、全然大したことなかったのと、何と言っても登山開始が14時半(!)だったので、今回は水晶山には行かずに小さいループにしました。

171103mtmr0.png


171103mtmr.jpg

岩村ダムからスタート。

171103mtmr2.jpg

この登山道は参道で、道沿いに三十三観音が立っていて励ましてくれるのがいいね。

171103mtmr6.jpg

三森神社の鳥居をくぐり、少し進むと展望ポイント。

171103mtmr3.jpg

「農村景観日本一」と言われる富田地区を一望。

171103mtmr5.jpg

真ん中の湖が阿木川ダム。その左手の高原が東濃牧場。阿木川ダムの奥の山容の美しい山は笠置山。

171103mtmr4.jpg

樹間から御岳。

三森神社を後にし、先へ進むが、何しろ時間がなかったので奥の院も帝釈天もパスしてとにかく山頂へ向かいます。

171103mtmr7.jpg

ひめこ松とナラの合体木。このルート沿いにはこうした巨木が多くて楽しめます。

171103mtmr8.jpg

三森山山頂からの眺め。

171103mtmr9.jpg

960.6mの三角点からの眺め。上矢作風力発電所の風車がズラリ。

171103mtmr10.jpg

木漏れ日が息を呑む美しさ。

171103mtmr11.jpg

鈴ヶ根尾根から三森山を望む。その名前の由来になった、三つのモコモコとしたピーク。

完全に色づくのは、もうちょっとだけ先かな。







登山 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する