2017/07/19 (Wed) 美濃白川見知食作館(旧 大山小学校)

行き当たりばったりドライブ、白川町を走っていてふと右に目をやると、いかにも良さげな木造の学校と思しき建物を発見。ふらふら~とそちらに吸い寄せられていきました。

170719mcks.jpg

見知食作館(みちくさかん)と言う、建築系の職業訓練施設のようですが、まず「見知食作館」の読み方が分かりませんw ググッてようやく分かりました。こういう「夜露四苦(よろしく)」みたいなネーミングセンス、誰か止める人がいないとねぇ・・・

170719mcks2.jpg

昔の学校の校庭には必ずあった二宮金次郎像も健在。

このように公的施設として使われて、取り壊しの難を逃れているのは、ひとまずGJ!ただ欲を言えば、中に入ってみたかったし、→ココ←みたいな展開のしかたをすれば、もっと多くの人が見られるんじゃないかと思いました。が、まぁこういうのって、言い出しっぺとなる若者がいないと難しいもんね。

ノスタルジー溢れる素敵な建物でした。




いいとこ(岐阜県その他) | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/18 (Tue) ここ穴場じゃね?横谷峡 四つの滝

最終目的地は郡上だけど、そこに至るまで全くの無計画でドライブ。金山町の道の駅にふらりと立ち寄ると、そこにあった周辺地図に「横谷峡 四つの滝」の表記を見つけたので、行ってみることにしました。




これが白滝。

170718knym.jpg

水遊びしてる親子連れが。いいなぁー!酷暑の祝日なのにほとんど人がいません。ずばりここ、穴場でしょ。BBQしながらだったらここで一日遊べるなぁ・・・と思ったんですが、「火気厳禁」との事(^^;)

続いて二見滝。

170718knym2.jpg

一段目と二段目の間が深く抉れていて洞窟状に見えるんですが、実際どうなんだろ?気になるな~。

三つ目の紅葉滝は、道路の幅が非常に狭く、ちょっと路駐して見るというわけにはいかなかったので、パス。

170718knym3.jpg


最後の滝へ向かう途中に、目を引く素掘りのトンネル。苔の生し方も含め、イイ感じ。

そしてこれが四つ目の鶏鳴滝。

170718knym4.jpg

この滝が一番デカい。

いやぁ~、思った以上に素晴らしい滝でした。もっと知られていいと思うな。(でも、道路がめちゃ狭い・・・)



滝めぐり | trackback(0) | comment(2) |


2017/07/17 (Mon) 郡上木履を新調。からの、郡上踊り初参戦。

お気に入りの郡上木履の下駄を履き潰してしまったので、新調してきました。

170717gj.jpg

郡上八幡に来るのは、3年ぶり。

170717gj2.jpg

ファーストインプレッションで決めた、古布の鼻緒。

代表のモロ君のご家族(お母様・奥様・生後5ヶ月の息子さん)が勢揃いで、ゆっくりお話できて良かったです。




170717gj6.jpg

そしてそのまま郡上踊りに初参戦!

170717gj3.jpg

カミさんは果敢にチャレンジしてましたが、自分は踊れる気が全くしないので、専らカメラ小僧をやってました。

170717gj4.jpg

贅沢な生演奏。




晩御飯は、「泉坂」さんで、

170717gj8.jpg

郡上葱焼きと、

170717gj7.jpg

美濃古地鶏を。




170717gj11.jpg

170717gj10.jpg

遠くにぼんやり浮かぶ郡上八幡城。

170717gj5.jpg

170717gj9.jpg

郡上堪能!


いいとこ(岐阜県その他) | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/15 (Sat) 本日も東海自然歩道(稚児橋~定光寺駅):リハビリウォーク

前日があまりに過酷だったため、夜は足の痛みであまり眠れませんでした。起床すると、右膝は固まってしまって動かず、足の裏も悲惨な状態で、尻も腰も・・・というか、ほぼ全身痛くて動けません。ただ、一定時間同じ姿勢で動かずにいると、次の動きに移る際に痛みが走ります。さて、どうしたものか。このまま半病人のように一日過ごすのか・・・そうだ!リハビリがてら、今日も軽く歩こう!(←なんでそうなるの!©コント55号)

170715tki0.png

そうして考えたコースが、東海自然歩道の稚児橋~定光寺駅の区間。多治見駅から東鉄バスが下半田川まで出ていて、そこから1kmほど歩けば稚児橋です。

170715tki1.jpg

ここが稚児橋。ところでこの川、オオサンショウウオが棲息してるらしいよ。看板に書いてあった。

今日はなにしろ手負いなので、ゆっくりゆっくり歩を進めます。特に娯楽性のあるコースではないですが、病み上がりの粥を噛みしめて味わうように、何の変哲もない山歩きをじっくり楽しみます。

170715tki2.jpg

わずか3時間程度のコースですが、やはり後半さすがにキツい。足が痛くて痛くて、もはや暑さによる汗なのか痛みによる冷や汗なのか分からん・・・。

170715tki3.jpg

やっとのことで定光寺公園。リフレクションもイイ感じ。

170715tki4.jpg

定光寺川沿いの遊歩道も雰囲気ありますが、足が痛くてそれどころじゃない・・・。

なんとか無事に定光寺駅にたどり着きましたが、ホントにもう、今度こそ、しばらく動けません!



登山 | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/14 (Fri) 東海自然歩道(鵜沼~内津峠):記録的豪雨の中

ロングトレイルってやつに憧れてましてね。何日もかけて自然の中を歩き続けるやつ。でも、そう簡単に長期連休などとれないので、まずは一日だけ、朝から晩までひたすら歩く、ってのをやってみようと。で、この辺でロングトレイルに最適のコースと言えば、東海自然歩道。ただ、最大の問題は、どうやってスタート地点まで行き、どうやって帰ってくるか。そう考えると、スタート地点とゴール地点の近くに駅があるのが理想だよね。そこで思いついたのが、「鵜沼駅(岐阜県各務原市)から定光寺駅(愛知県春日井市)」を結ぶコース。

170714tki0.png

コースタイム全14時間だけど、俺ならギリギリ日没前に電車乗れんじゃね?ぐらいに思いましたし、無理なら内津峠でエスケープすれば大丈夫、という算段です。

そうと決まればすぐにでもやりたい。本来こういうのはこんな灼熱の季節にやるもんじゃないんだけどね・・・。天気予報は9時まで雨であとは曇り。炎天下ではないのでベストコンディションじゃね?ぐらいの気持ちで電車に乗りました。

果たして鵜沼駅に着くと・・・なんと豪雨!ウッソー!駅でしばし雨宿りしながら雨雲レーダーを見ると、1時間ぐらいで弱まりそう。気持ち雨足が弱まったところで(←気のせいかも)GO!!

170714tki1.jpg

雨に煙る犬山城。

170714tki2.jpg

あ、鯱が片方欠けてる!昨日ニュースでやってたやつや!落雷で破損したらしいんだけど、因みにこの時も雷がゴロゴロ鳴ってましたね・・・。

木曽川沿いの車道を進んでいくと、なんと道路冠水。それを見てUターンして引き返す車も多数。まじかよ~。しばし呆然としていると、果敢にもそこに突っ込んでいこうとする四駆が。慌てて声をかけて引き止め、冠水部分だけ車に乗せてもらう事に成功。(しかしこの後すぐ、そんな小細工は全くの無駄な努力だった事を思い知る事になります・・・)

寂光院の階段。

170714tki3.jpg

ナニコレ?滝じゃんwww こうなったらもう、沢登りと思い込むしかありません。

そんなこんなで継鹿尾山に登頂。その稜線からの雨に煙る景色はなかなか幻想的でしたが、何しろカメラはビニール袋を二重にしてザックの中。面倒くさくて写真を撮る気になんかなれません。継鹿尾山の景色については過去記事をご覧下さい。

その継鹿尾山から大洞池に向けての下りが、今回のハイライト。

170714tki4.jpg

これ、道じゃなくて川じゃんwww テンション上がりまくりで、ジャブジャブ飛び跳ねるように歩く。

大洞池の所で、木曽街道(上街道)と交差。

善師野まで下ると、雨は止んでいて、いよいよここからペースアップ。

今井集落の東屋で昼食。ここでカミさんから電話があり、さっきの大雨は記録的集中豪雨で、犬山全市に避難指示が出ているとのこと。そんな中、山歩きしてたんだね・・・

さて、この今井以降の後半戦が、かなり単調な道のりで精神的にキツかったな。

楽しみにしていた珍スポット「鞍馬山教会」の再訪ですが、その手前の分岐で道を間違え(←ヒジョーに分かりづらい!)、その蔵馬山教会も入鹿池も見る事なく、五条川沿いの道に着地してしまいました。痛恨・・・

170714tki5.jpg

もう雨は完全に止んで、今度は吹き出る汗との戦い。

170714tki6.jpg

八曽キャンプ場周辺の林道も、そこから内津峠に至る道も、かなり単調。そして、単調なだけに、がんがんペースアップに挑む。

170714tki7.jpg

この区間唯一の展望。

170714tki8.jpg

内津峠近くの採石場。

さて、この辺で、ハイペースが祟って膝に激痛が。コースタイム10時間のところを、雨宿りのロスを取り返そうと6時間で駆けてきたので無理もない。そして何より、靴の中がグチョグチョのまま歩き続けてきたので、足の裏が恐らく大変な事になっている(怖くて見る気がしない)。時刻は16時半。ここから愛岐三山を越えて定光寺駅までコースタイム4時間。はい、これは迷うことなくエスケープだね。

足の痛みに朦朧としながら歩いていたら、どうやら分岐を見逃したらしく、現在地が全く分からずにかなり焦る。とにかく坂を下りきると、そこは小泉町の大原。ここからなら、小泉駅まで20分ほど。なんとか辿り着きましたが、電車は豪雨の影響か、かなり遅れて到着。帰宅して恐る恐る足の裏を見ると、水膨れがひどく、かなりグロい状態でした・・・。明日は再起不能だろうし、ビジネスシューズがちゃんと履けるのかも心配・・・。

でも、初めての長歩きは楽しかったし、もっとのんびりペースで、泊りがけのロングトレイルをやっぱりやりたい気持ちが高まりましたね。






登山 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪

現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する